正しいダイエット方法|健康的なダイエットを行いましょう!

中性脂肪を燃やす

 
歩くことで中性脂肪を燃やしてしまおう

エネルギーとして消費しきれなかった糖分は、中性脂肪となって体の中に蓄積してしまいます。その中性脂肪を減らすためには、摂取量を減らすことか、運動をして糖分を燃やさなければなりません。そうだからといって、改めてジムに通おうとしても気が重くなってしまうから、そんな時は誰でもできるウォーキングで十分です。ただし、ただ歩くだけでなく、しっかりと両腕を使っての早歩きをするならエクササイズになります。顔をまっすぐ上げてアゴを引いて、背筋を伸ばして肩の力を抜いたら、両腕を大きく前後に振って歩きましょう。腕は90度くらいにまげて、歩幅はできるだけ大きくとって、膝を伸ばしてつま先で地面を強く受けるようにして歩きましょう!

 

摂取したカロリー以上のカロリーを、消費するのが運動療法です。日常の行動をちょっと意識的に行うことも、基礎代謝を高めて消費カロリーを増やすのに役立ちます。まず歩く時は、背筋をしっかりと伸ばして、普段歩くときよりも歩幅を5センチから10センチほど広くすると良いです。スピードもちょっと早めにすると効果が高くなります。立ったり座ったりするときは、テーブルやいすを掴まずに背筋を伸ばしたままゆっくりと立ち上がりましょう。階段でも背筋を伸ばして、膝の裏も伸びるようにゆっくり上がった方がエクササイズになります。こうして筋肉を意識して使うことがエネルギーの消費につながります。

 

早速ですがこの記事を読んでくださっているあなたは、今どんな姿勢をしていますか?

 

寝そべってパソコンをしていますか?椅子に座りながらパソコンを見ているかたもいると思いますが、どんな姿勢をしていますか?頬杖をつきながらパソコンを見ていませんか?それとも猫背になっていませんか?

 

このような姿勢で過ごしていると、姿勢に癖がついてしまうため、それが原因で骨格の歪みになっていきます。放っておけばほっとくほどプロポーションは崩れていき、内臓の動きも悪くなってさらにお肌の老化にもつながってしまうのです。姿勢はダイエットを成功させるにあたって、とても気を付けなければならないものです。

 

最近体が肥満体系になってきた・・・Tシャツ・パンツスタイルを着ていると、なんかオバサンぽく見えるようになってきた、そのような兆しが見えてきたら要注意ですよ。老化現象はエステに通っったり、どんなに良い化粧品を使ったとしても止めることができないのです。まずは体の歪みをとることがとても大切です。食事バランスもとても大切ですが、それと同じぐらいで身体の歪みも重要になるのです。

 

これ以上歪ませない、これ以上老化させないためにも、日々正しい姿勢で過ごすことを心がけてみましょう。

メリハリのボディに変身するためには、体や顔の歪みを治していくことが必要です。背骨やO脚、顔の歪みなどから、体全体に歪みを探っていき、適切なケアで理想の体を手に入れていきましょう。

 

猫背の姿勢を直すことが大切です

背骨をピンと伸ばして姿勢良いスタイルになりましょう。胸椎12番を調整して、背骨から直していきます。猫背の姿勢が癖になってくると、背骨自体の形が歪んでいき、体の中にも悪影響が及んできます。背骨矯正に適しているのは、胸椎12番の歪みをとることが大切です。日ごろから背筋を伸ばして、正しい姿勢で生活していくことを心がけていきましょう。

 

仰向けになってやる均整背骨体操

背骨の矯正に適した体操があります。まず仰向けに寝て、膝を胸に寄せるような格好になり足を戻すときに床上でキープしましょう。この動作が丸まった背骨を伸ばすのにとても効果的です。

 

1、仰向けに寝て、膝を胸のほうに寄せていきます。
2、元に戻るときは、足を床から30センチほどのところでキープをしましょにう。そして息を吐きながらしばらく我慢します。少しきついかもしれませんがここは頑張るところです!
3、足を一気にドタンと落としましょう。楽な姿勢で少しゆっくりします。

バンザイ運動

この運動は、文字通り両手を広げてあげバンザイするだけの運動になります。こんな簡単な動きでも立派な、水太り解消の運動になるのです。バンザイ運動の効果は、胸郭を拡張して、いつでも重力により下方に圧迫されている上半身の筋肉のストレスをとる作用があります。これがまたなかなか気持ちがいいものです。肩や肘、腕の筋肉が痛くて、次に取り上げる壁腕立て伏せができない人には、このバンザイ運動を取り入れてください。バンザイ運動だけでも十分な効果がありますからね。それではバンザイ運動のやり方を説明します。

 

両足を肩幅ぐらいに開いて立ちましょう。この時自然に体の両脇に腕を置いておきましょう。そしてそのまま体の両脇におろしていた両手をゆっくりと上げていきます。そのままあげていきヒジと脇腹を伸ばしてバンザイするのです。これを10回行って、それを1セットとします。これを5セットぐらいから始めましょう。筋力が強くなってくると慣れてきます。慣れてきたら少しずつ回数とセットを増やしていくと良いです。体を伸ばすのは気持ちが良いので、コツをつかみは簡単にできるし、靴もないので長く続けられる運動なので、バンザイ運動はお勧めですよ!

みなさん、肉は好きですか?鶏肉、豚肉、牛肉・・・やっぱり一番脂がのっていておいしいと思うのは牛肉ではないでしょうか。実際に日本人でどのお肉が好きか?の問いには、約50%以上の人たちが牛肉が1番好きと答えています。では、その牛肉の食べ方では、どんな調理法がダイエットに有効なのでしょうか。

 

牛肉は脂分が抜けるしゃぶしゃぶがベストです!

コレステロール値を気にする人たちにとって、動物性たんぱく質の摂取は魚が理想的ですが、肉をまったく食べないのも良くありません。肉類は、ビタミン類が効率よく取れる面があるからです。そしてコレステロールは肉の脂身の部分です。できるだけ赤身肉を使ったり、鶏肉の皮など脂身を排除して調理すれば安心です。

 

牛肉も、脂肪のササミの2倍以上あるとは言え、しゃぶしゃぶにして食べれば湯の中に脂肪が溶け出て、量が減ります。ただし霜降りは避けて赤身することを忘れないようにしてください。その他にもしゃぶしゃぶのよい点があります。しゃぶしゃぶにして食べる時は肉だけを食べることありません。いろいろな野菜をいっぱい食べられることが、すごく良いのです。野菜に含まれる食物繊維が。コレステロールの吸収を抑えてくれるのです!